2013年2月11日月曜日

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら


恐ろしすぎるタイトルですね。
猫好きとしては、想像しただけで悲しい気持ちになります。

映画プロデューサー川村元気さん初の著作。
文学というよりはとっつきやすい哲学の入門書、といった感じ。
映画に携わっている方だからなのか、場面場面の情景がくっきりと整頓されて読みやすかったです。
小学校高学年とか中学生の読書感想文課題図書にでもなれそうな、明快でさわやかなお話でした。

人の命の重さはどのくらいなのか。
漠然と、それが特別重要なものだと思いがちだけれど、じゃあ実際「なくてもいいもの」と交換したらどうなるか?
もしも世界から猫が消えてしまったら?

命や存在が「ある」ということに、優劣や不等号をつけることについてのお話。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
川村元気『世界から猫が消えたなら』
マガジンハウス 2013



2013年2月3日日曜日

凍りのくじら

凍りのくじら (講談社文庫)
凍りのくじら (講談社文庫)

「あなたの描く光はどうしてそんなに強く美しいんでしょう」

ドラえもんの道具がたくさん出てくるのだけど、これはファンタジーでもなんでもない。
現実世界を泳いでいくために、一番大切な光のお話。

主人公・理帆子と一緒で、わたしもかつて、その光に照らしてもらったことがある。
これを読み終えたら、自分も誰かを照らしてあげたくなる。


その光に照らしてもらったら、
この先つらい出来事や嫌な気持ちになることがあっても、
大事なものを失うことになっても、
どこにいても、そこでちゃんと生きていける。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辻村深月『凍りのくじら
講談社文庫 2008



abさんご

abさんご

全文よこ書きで,句読点があるはずのところはコンマとピリオドに.いわずとしれた,第148回芥川賞受賞作.
ひらがなの量がとてもおおくて,ほんらいかたかなであるべきところもひらがなで表記していたりするのだけれど,
そのわりには画数の多い漢字熟語を使っていたり.

そして本の裏表紙からは、縦書きで句読点と漢字を使用しているデビュー作を読むことができる。
つまりは、リバーシブル本。
こちらはタミエという少女にまつわる三篇の物語「毬」、「タミエの花」、「虹」。
社会性を拒否しているのか、そんな気はなく断絶されてしまっているのかは定かではないが、
邪気も無邪気もないところで、したたかなのに無力、あたたかいのに残虐性を持っている少女の話。

abさんご.
aでもbでもない,そしてどちらにせよ,いつかはきっと,なつかしくかなしくうつくしくなるせかいのこと.
ひらがなの効果もあって,なのだろうか,やわらかい春のひかりのような光景をかんじる.
そのいみを理解するすぴーどよりも速く,つぎつぎにことばがながれてくるので少しあせるけれど,
そのこと自体がしだいにここちよく,たのしくなってくるのでふしぎだった.
この物語のことばたちはきっと,晴れた日のきらきらひかる水面のようなものなので,
そのいみを捕まえることよりも流れをとめないことのほうが大切なのではないか,とおもった.
その中でわたしが捕まえられたことばはとても少ないかもしれないけれど,
どれも白魚のようにいきいきとうつくしく,音読していなくてもなぜか耳にのこる.
かたちだけを真似てこの感想ぶんをかこうとしても,とてもむつかしいので,このあたりで.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黒田夏子『abさんご
文藝春秋 2013



2012年11月11日日曜日

地下室の手記

地下室にいてもAmazonで買えるんだよ

ジッドをして、「ドストエフスキーの全作品を解く鍵」と言わしめた作品。
(ところでジッドって誰なんだろうか→アンドレ・ジッドさん)

『罪と罰』から『カラマーゾフの兄弟』に至るドストエフスキー5大作を、
沸騰したお湯にどばどば入れて一番出汁をとったような作品です。
ドストエフスキーらしさが異様なまでに凝縮されて読み進めるのも辛い程なのに、なぜか妙にすっきりと読める。
矛盾しているようですが、これが本作の素晴らしいところ。

ドストエフスキーというと、分厚い文庫本が1巻2巻3巻・・・というイメージがあり、
読破するには相当な根気と時間とキリスト教の知識が必要ですが、
本作にはそれらがあまり必要なく、気軽に手に取れます。
文庫本にして、スマホと同じかそれ以下の厚みしかありません。
持ち歩くのも苦にならない!

内容は、開口一番「僕は病んだ人間だ……」とのたまう小官吏(40才)の手記。
手記と言う割には、存在しているのかもわからない聞き手に食ってかかったり、
かと思えば回想に入ったまま戻ってこなかったり、
発言や考え方があまりにも自意識過剰だったりと、
読者はとにかく振り回されます。
当然、ひどく疲れますが、それこそがドストエフスキー作品を読む楽しさというもの(だと、個人的には思います)。

普通なら忘れてしまいたいような屈辱や、自己嫌悪や、あらゆる矛盾を
そこまでしなくてもいいのにというくらい丁寧に的確に描写しているので、
かつて少しでもそういった感情を抱いたことがある人なら、
五臓六腑がじくじくと痛むこと請け合いです。

短い割に「ドストエフスキー作品の人たちってだいたいこんな感じ」が凝縮されている作品なので、
大作に手を出す前の入門編としても、雰囲気がつかめて良いかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドストエフスキー『地下室の手記』(1864)
新潮文庫 昭和44年

2012年11月10日土曜日

無花果とムーン

無花果とムーン

桜庭一樹氏の最新単行本です。

とてもかなしいのに、爽やか。
表紙の雰囲気とは裏腹に、晴れた日のすがすがしい景色が目に浮かんできます。
でもそれが更に、夜や彼岸の暗さを引き立ててもいます。

とにかくかなしい。なんかもうやりきれない。

でも、人の死というのは得てしてやりきれないものであり、
残された者は途方に暮れるしかなくて、
なんとかその人のいない現実を受け入れざるを得ないのだ、
ということを痛感しました。

死者が「心の中で生き続ける」なんてのはただの慰めで、
本当は、死んだらそれきり、それでおしまい。
どんなに相手を「えいえんに大好き」だとしても。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桜庭一樹『無花果とムーン
角川書店 2012

2012年9月30日日曜日

不道徳教育講座

不道徳教育講座

愉快・痛快・爽快!
思わずくすくす笑ってしまったり、ナルホドと唸ったり、さらっと読めるのに満足感はたっぷり!な、三島由紀夫の随筆集。

「友人を裏切るべし」「弱いものをいじめるべし」「約束を守るなかれ」「人の不幸を喜ぶべし」・・・などなど、全部で69のテーマについて、ひたすらひたすら不道徳な行いを勧めています。
・・・というとなんだかアナーキーな感じがしますが、読んでみると、なかなかどうして、不道徳的であることのほうが正しく平和的なのでは思えてくるから不思議です。

私のお気に入りは「人の失敗を笑うべし」。
タイトルだけ見るととてもひどい事のようですが、よくよく考えるとそうでもないかも?と思ってしまいます。

代表作の『仮面の告白』、『金閣寺』等とはガラリと変わって、サッパリした(しかもとっても現代的な!)文章なので、誰にでも楽しく読めるのではないかな、と思います。

新装版の、「かまわぬ」のてぬぐいをあしらったカバーもかわいくて、通勤・通学のお供にぴったりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三島由紀夫『不道徳教育講座
(昭和42年 角川文庫)

2012年8月19日日曜日

まねきねこ

世田谷・亀屋さんの招福もなかを戴きました。

画像お借りしました:http://www.setagaya-1.com/kameya/_pc/
 かわいい!

食べちゃうのがもったいない、と言いたいところですが、
餡の美味しさと一口サイズの手軽さで、ぱくぱく食べてしまいました。

ちなみに左から、こしあん・白あん・つぶあんの3種類。

亀屋さんはもなか以外にも、どらやきが有名だそうですが、
そのどらやきというのが、こちら。
http://www.setagaya-1.com/kameya/_pc/?f=detail_goods&goods=238

ひとつひとつ手書きらしく、ひとつひとつがかなりのインパクトです。
こんな顔で招かれて、福が来ないわけがありません。
私が福だったら、光の速さで馳せ参じると思います。
こちらも食べてみたいものです。