2012年11月11日日曜日

地下室の手記

地下室にいてもAmazonで買えるんだよ

ジッドをして、「ドストエフスキーの全作品を解く鍵」と言わしめた作品。
(ところでジッドって誰なんだろうか→アンドレ・ジッドさん)

『罪と罰』から『カラマーゾフの兄弟』に至るドストエフスキー5大作を、
沸騰したお湯にどばどば入れて一番出汁をとったような作品です。
ドストエフスキーらしさが異様なまでに凝縮されて読み進めるのも辛い程なのに、なぜか妙にすっきりと読める。
矛盾しているようですが、これが本作の素晴らしいところ。

ドストエフスキーというと、分厚い文庫本が1巻2巻3巻・・・というイメージがあり、
読破するには相当な根気と時間とキリスト教の知識が必要ですが、
本作にはそれらがあまり必要なく、気軽に手に取れます。
文庫本にして、スマホと同じかそれ以下の厚みしかありません。
持ち歩くのも苦にならない!

内容は、開口一番「僕は病んだ人間だ……」とのたまう小官吏(40才)の手記。
手記と言う割には、存在しているのかもわからない聞き手に食ってかかったり、
かと思えば回想に入ったまま戻ってこなかったり、
発言や考え方があまりにも自意識過剰だったりと、
読者はとにかく振り回されます。
当然、ひどく疲れますが、それこそがドストエフスキー作品を読む楽しさというもの(だと、個人的には思います)。

普通なら忘れてしまいたいような屈辱や、自己嫌悪や、あらゆる矛盾を
そこまでしなくてもいいのにというくらい丁寧に的確に描写しているので、
かつて少しでもそういった感情を抱いたことがある人なら、
五臓六腑がじくじくと痛むこと請け合いです。

短い割に「ドストエフスキー作品の人たちってだいたいこんな感じ」が凝縮されている作品なので、
大作に手を出す前の入門編としても、雰囲気がつかめて良いかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドストエフスキー『地下室の手記』(1864)
新潮文庫 昭和44年

2012年11月10日土曜日

無花果とムーン

無花果とムーン

桜庭一樹氏の最新単行本です。

とてもかなしいのに、爽やか。
表紙の雰囲気とは裏腹に、晴れた日のすがすがしい景色が目に浮かんできます。
でもそれが更に、夜や彼岸の暗さを引き立ててもいます。

とにかくかなしい。なんかもうやりきれない。

でも、人の死というのは得てしてやりきれないものであり、
残された者は途方に暮れるしかなくて、
なんとかその人のいない現実を受け入れざるを得ないのだ、
ということを痛感しました。

死者が「心の中で生き続ける」なんてのはただの慰めで、
本当は、死んだらそれきり、それでおしまい。
どんなに相手を「えいえんに大好き」だとしても。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桜庭一樹『無花果とムーン
角川書店 2012

2012年9月30日日曜日

不道徳教育講座

不道徳教育講座

愉快・痛快・爽快!
思わずくすくす笑ってしまったり、ナルホドと唸ったり、さらっと読めるのに満足感はたっぷり!な、三島由紀夫の随筆集。

「友人を裏切るべし」「弱いものをいじめるべし」「約束を守るなかれ」「人の不幸を喜ぶべし」・・・などなど、全部で69のテーマについて、ひたすらひたすら不道徳な行いを勧めています。
・・・というとなんだかアナーキーな感じがしますが、読んでみると、なかなかどうして、不道徳的であることのほうが正しく平和的なのでは思えてくるから不思議です。

私のお気に入りは「人の失敗を笑うべし」。
タイトルだけ見るととてもひどい事のようですが、よくよく考えるとそうでもないかも?と思ってしまいます。

代表作の『仮面の告白』、『金閣寺』等とはガラリと変わって、サッパリした(しかもとっても現代的な!)文章なので、誰にでも楽しく読めるのではないかな、と思います。

新装版の、「かまわぬ」のてぬぐいをあしらったカバーもかわいくて、通勤・通学のお供にぴったりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三島由紀夫『不道徳教育講座
(昭和42年 角川文庫)

2012年8月19日日曜日

まねきねこ

世田谷・亀屋さんの招福もなかを戴きました。

画像お借りしました:http://www.setagaya-1.com/kameya/_pc/
 かわいい!

食べちゃうのがもったいない、と言いたいところですが、
餡の美味しさと一口サイズの手軽さで、ぱくぱく食べてしまいました。

ちなみに左から、こしあん・白あん・つぶあんの3種類。

亀屋さんはもなか以外にも、どらやきが有名だそうですが、
そのどらやきというのが、こちら。
http://www.setagaya-1.com/kameya/_pc/?f=detail_goods&goods=238

ひとつひとつ手書きらしく、ひとつひとつがかなりのインパクトです。
こんな顔で招かれて、福が来ないわけがありません。
私が福だったら、光の速さで馳せ参じると思います。
こちらも食べてみたいものです。

2012年8月14日火曜日

愛と幻想のファシズム

愛と幻想のファシズム(上)

まずはとにかく、タイトルがロマンチックでいいですね。
文庫版のカバーも好きです。1930年8月「ワイマール憲章称揚スポーツ大会」のポスターだそう。

村上龍さんの作品が好きなのですが、私の場合、何が好きなのかと聞かれたらやっぱり言葉選び。

内容とか題材も勿論考えさせられるものだけど、それはたぶん勉強の範疇であって、好き嫌いの問題ではないような。
でもこれはちょっと勉強度が高くて理解が大変な部分もありました。笑

あと、痛い・辛い・苦しいシーンが多くても、その先に綺麗なシーンや芸術的な言葉回しが必ずあって、それを見たいがために頑張って読み進める、という感じでもある。
カタルシスを得たいのです、たぶん。

まぎれもない政治経済小説で、作者本人の言葉で言う「お勉強」要素がとても強いのは確かなのだけど、その隙間にちらちら見えてくるもの、例えて言うなら川底の石に紛れたガラスの破片みたいなものが、惜しみなくきらきらしてる。
それがたぶん、タイトルで言う「愛と幻想」なのかな、と思いました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村上龍『愛と幻想のファシズム
 「週刊現代」 1984~1986
 講談社文庫 1990

2012年3月4日日曜日

ロゴスキー







ロシア料理食べに行ってきましたー。
行ったのは渋谷にあるロゴスキーというお店。

日本で初めてできたロシア料理屋さんなんだそう。


お店に入る前から既にいい感じです。


かわいい。

中にはいると照明がステンドグラス!


店内にはさりげなくマトリョーシカ!
ピント合ってないけど見えますかね、、






楽しみにしていたお料理もとっても美味しかった!


その名も「美人サラダ」。
パプリカかと思ったら黄桃が入ってたり、ドレッシングがピンク色だったり、面白かったです。




ピロシキはかなりボリュームが。
これ普通にコンビニとかにあったらいいのにねー。
・・・という話をしているうちに、次々運ばれてくる料理たち。


注文しすぎた・・・?
ビーフストロガノフ、壷焼き、ボルシチと、食べたかったもの全部頼んだので、かなりおなかいっぱいに。
が、あまりの美味しさにどんどん食べてしまいました。

そしてそして、最後はもちろんロシア紅茶。



うちで適当にジャム入れた紅茶とは違い(当たり前)、すごーく深い味がして美味しかったです!

関係ないけど、ロシア人の方は緑茶にも砂糖を入れるらしい・・・
おいしいのかな、と思いつつ、勇気がでなくて一度も試したことありません。

2012年3月3日土曜日

♡Girl’s Festival♡

はっぴーひなまつり!
今日は素今歩のお姉さんに金平糖頂きました~
ごちそうさまでした(^^)

そして帰りにはキティちゃんひなあられを発見。


かわいくておいしい!

ビスコを食べればよいのです!

小腹がすいた時の強い味方、ビスコ
いつも食べてます。
おいしくてつよくなる。
理想的な食べ物ですね。

しかし、そんなビスコにもある問題が。
非常食として鞄に入れておくと、ちょっとした弾みで割れてしまい、、
袋を開けてみたら30%くらい粉末になっていることもしばしば。


そんなお悩みを解決してくれるのがこちら!


ばーん!
ビスコケース!!!

これなら鞄の中でビスコが粉末化するのを防げますね。



ビスコ坊やの顔にも余裕の笑みが浮かんでます。
グリコさんありがとう。

2012年1月29日日曜日

ルーエ!

吉祥寺の本屋さん、ブックス ルーエのカバーがかわいい!
昔は喫茶店だったんだってー。


2012年1月19日木曜日

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女

大好きな本です!
何度読んでも飽きません。
中村佑介さんの装画も、とにかく全てが素敵!
先日も某友人に勧めたところ、見事に気に入ってくれたようで嬉しい限り。

明日は、物語中に出てくるバー‘月面歩行’(のモデル)に行ってまいります。
ナカメ作戦!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女
「野性時代」 2005~2006
角川書店 2006

2012年1月13日金曜日

ラーラリヒー!

人間失格 (新潮文庫)
生きてるだけで、愛。
月に泣く

たくさん読んでます!
『生きてるだけで、愛』は図書館で借りて、装丁を知らないまま読んだのですが、上の画像探したらすごく素敵で、内容も好きだったので買ってしまおうかなと考え中。

ラーラリラー、ラーラリヒー!

2012年1月9日月曜日

少女地獄

少女地獄

だいぶ前に、桜庭一樹さんが角川文庫のフリーペーパーで紹介していた時から読みたい読みたいとは思っていたのですが、ようやく読みました!
堅めの文章ですが面白かったのでずんずん読んでしまいました。
少女って怖い。そして、とてつもなく魅力的!

‘少女’といえば田山花袋の『少女病』や『蒲団』も有名ですね。
こちらは地獄というほど妖しく恐ろしい少女ではありませんが・・・
でも、ファム・ファタル的役割の少女であるのは確かだと思うわけです。
ナボコフの『ロリータ』然り、、

次は『ドグラ・マグラ』に挑戦したいなぁ。
ちなみに、夢野久作は水曜倶楽部のちょうど100歳年上らしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢野久作『少女地獄
 角川文庫 昭和51年

2012年1月6日金曜日

おかいもの記

HelloKitty×AMONNLISA ナイロンボストン シャンパンゴールド
キティちゃんのボストン。大きさも色も形も探し求めてたそのもの!
http://www.ep-btq.jp/item/1218.html

Vivienne Westwood Shoes an Exhibition 1973-2012で、クリアファイルと缶バッチ。
缶バッチどこにつけようかな~

Vivienne Westwood Shoes an Exhibition 1973-2012


行ってきました!

一度でいいから履いてみたい!


こういう柄とか、プリントのデザインもいちいち素敵




かわいいの一言しか言えない!


リボンや紐で履く靴がたくさんありました



動物みたいでかわいい


「セクシーな木こりが履いてそう」(くらげ談)


画像はこちらから!
http://fashion-image.blogspot.com/2010/08/vivienne-westwood-shoes-exhibition-1973.html

2012年1月3日火曜日

お正月まとめと、これから。

三賀日が終わり、水曜倶楽部も今日から活動を始めました。
それにしても、お正月は可愛いものがたくさんで幸せだった!
コタツにミカンの、典型的で幸せなお正月でした。
初詣の出店でベビーカステラが無かったことだけが唯一の心残りですが・・・


さてさて、水曜倶楽部の活動もいよいよ本格化してきました。
企画書を書いて、定例会で提案したり、、
かわいいものや面白いものを探してイメージを膨らませています
かわいい・・・
向かって右が、関美穂子さんデザインのマッチ。
左は、喫茶店のマッチです。
もっとたくさん集めたい!

2012年1月2日月曜日

文学散歩

初詣は近所の不動尊で済ませたのですが、
今日はふと思い立って三鷹八幡大神社にお参りしてきました!

といっても、真の目的はその隣の禅林寺。
ずっと来てみたかったのです。


森鴎外と太宰治のお墓のあるお寺です。
お墓なので、あまりバシバシ写真を撮るのは・・・とも思ったのですが、
とても綺麗で素敵な雰囲気だったので、1枚ずつ撮らせて頂きました。
新年早々、お邪魔しました!



帰りは、玉川上水沿いを散歩がてら歩き、
国木田独歩の文学碑を見て、独歩橋も渡って帰りました。

ちなみに「独歩まんじゅう」というのがある、という話を聞いていて、
てっきり武蔵野のものだと思っていたのですが、
調べてみたらどうやら大分県にあるらしい・・・?
いつか食べてみたいです。